家族の健康

保育園の洗礼は避けられる!今日からできる免疫力を上げる食事法とは

保育園に通いだした途端、子供が次々と風邪をひく。この「保育園の洗礼」、働くママならできるだけ避けたい問題ですよね。

保育園の洗礼を受けないためのカギは免疫力です。子供の免疫力は、ママが作るごはんで上げることができますよ。

1.保育園の洗礼とママの悩み

入園した途端、子供が次々と風邪をひいて保育園に行けなくなる。そのたびに仕事を休まなければいけなくなる。これは働くママにとって悩みの種ですよね。

子供の体調不良で仕事を休んだり遅刻したりする頻度に関する調査があります。その結果、0歳児では月に1回以上仕事を休む割合が80.6%にものぼります。少し年齢が上がった3歳児でも、月1回以上休む割合は36.5%。3人に1人は月に1回以上休んでいることになります。

看護休暇の制度ができたことで、以前より休暇はとりやすくなりました。それでも子供1人につき年5日間です。毎月1回以上休んでいたら足りませんよね。
また、職場の反応として「はじめは仕方ないという感じだったが、毎月休むとなると歓迎されない。」という声もあります。たびたび仕事を休むことで、働きにくくなってしまうのは困りますよね。

できるだけ保育園の洗礼を受けずに、元気に登園してほしい。そんなママのお悩みを解決するのは子供の免疫力です

2.自然免疫を上げるごはんのポイントとは

保育園の洗礼を受けない体づくりには、免疫力を上げることが大切です。

子供の免疫力を上げる方法はいろいろあります。その1つがママが作る毎日のごはんから免疫力を上げる方法です。
ポイントは「腸をきれいにするごはん」。免疫細胞の約7割は腸にあるといわれています。そして腸がきれいだと免疫はしっかり働くことができるのです。

腸がきれいな状態というのは、腸内細菌のバランスが良いことをいいます。きれいな腸の場合、腸内細菌の善玉菌が悪玉菌より多く、免疫がしっかり働きます。ところが、悪玉菌が善玉菌より多くなってしまうと腸が荒れ、免疫がうまく働きません。

腸は食事から大きな影響を受けます。善玉菌が元気になるごはんを食べさせることで、子供の免疫力が上がるのです。

3.ママが作るごはんで免疫力を上げる方法

善玉菌を元気にし、子供の免疫力を上げるために、食物繊維の多いごはんを心がけましょう。

善玉菌は食物繊維をエサとして増えます。食物繊維をたっぷりとることで善玉菌が元気な腸を作ることができますよ。

食物繊維といえば、ごぼうやレタスのイメージがあるかもしれません。野菜の他にもきのこ、海藻などに多く含まれています。
食物繊維は消化しづらそう、子供にあげづらいと思う方もいるかもしれません。
そこでおすすめの食べ方は「野菜たっぷりの汁物」。
火を通すことで消化しやすくなり、小さなお子さんにも食べやすくなります。赤ちゃんにはポタージュ状にして食べさせてあげるのもおすすめですよ。

☆さらに免疫力をあげるためのポイント☆

もっと免疫力を上げたい方は、ぜひ朝ごはんに野菜たっぷりの味噌汁を飲んでください。

寝起きは体が冷えています。温かい味噌汁を飲むことで体が温まり、免疫力が働きやすくなります。
また発酵食品である味噌には善玉菌が含まれています。味噌をとることで、善玉菌そのものを増やすことができますよ。

 

今日から日々の食事に野菜たっぷりの汁物を取り入れて、保育園の洗礼を受けない元気な体を作ってあげてくださいね。

 

執筆者
重ね煮リサーチャー 杉本 かよ

「365日の重ね煮レターレシピ」では、毎日重ね煮の知恵やレシピをお届けします。具だくさんの汁物のレシピを知りたいママ、ぜひこちらからご登録ください^^

無料メールマガジンで
家族の健康を守る術を学べます。


☑️喘息、花粉症、アトピーの悩みを
改善
したい
☑️子どもの、家族の健康を食から
守りたい
☑️子どもの野菜嫌いを改善したい

そんな想いを持つママは
まずはこちらで学んでください。

1年365日毎日6時にお届けします。




メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須






The following two tabs change content below.
杉本かよ

杉本かよ

<専門分野>健康・笑顔・楽ちん家事
みなさん、はじめまして!親になって自分のことはあとまわしになっちゃっていませんか?子供はもちろん、ママ・パパがもっと笑顔で心ゆたかな生活をすごせるような、重ね煮のレシピと知恵をお届けします^^

-家族の健康

© 2022 重ね煮LAB