家族の健康

子供の健康を守るおやつって何?お菓子の代わりに食べさせたいもの

子供の健康を守りたい!そう思っているママが気になる毎日の子供のおやつ。毎日、こんなにお菓子を食べて大丈夫かな?今日は、そんなママに、子供のおやつについての考え方をお伝えします。

 

食生活の見直しをしたい時、ママが気になる子供のおやつ

子供の体調不良がきっかけで、食生活を見直そうとしているママが気になり始めるものの1つに、毎日の子供のおやつがあるかと思います。毎日の子供のおやつ、こんなにお菓子を食べさせていて大丈夫なのかな?と気になるものの、他に何を食べさせたら良いかわからない。そんな悩みはありませんか?

 

実は、私もそうでした。現在小学1年生の長男には、赤ちゃんの時から、スーパーで売っている赤ちゃん用のお菓子を食べさせていました。それから数年が経ち、次男が喘息だと診断され、食生活を見直そうと思った時、気になり始めたのが、子供のおやつについて。「毎日こんなにお菓子を食べて大丈夫なのかな?」と、不安になり始めました。

 

でも、子供のおやつには、役割があるということを知ってから、おやつ=お菓子ではないんだ!と捉え方が変わりました。せっかく食生活を見直すのだから、子供の健康を守ることができるおやつを食べさせたいですよね。そんなママに、今日は、子供のおやつの考え方についてお伝えします。

 

 

子供にとってのおやつの役割とは

子供にとってのおやつとは、補食だと言われています。補食というのは、3回の食事では、とり切ることができない栄養やエネルギーを補給するための軽食。つまり、4回目の軽い食事と考えることができます。

 

お菓子を毎日食べさせても大丈夫かな?と悩まなくても、子供のおやつは、4回目の軽い食事。それが子供のおやつの役割だとわかると、食べさせるものは、お菓子ではないような気がしてきませんか?

 

 

今日から始められる、子供の健康を守るおやつはコレ

子供のおやつが4回目の軽い食事だということはわかったけれど、一体何を食べさせたらいいの?と思われているママもいらっしゃるかもしれませんね。今日から始められる、子供の健康を守るおやつは、おにぎりです!

 

そうは言っても、毎日、お菓子を食べていた子が、おにぎりなんて食べてくれるかな?心配になりますよね。

 

我が家の場合、毎日おやつにお菓子を食べていましたが、子供のおやつが4回目の軽い食事だと知ってから、幼稚園から帰った長男のおやつを、おにぎりに変えてみました。すると、まさかの大喜び!特にお菓子を欲しがることなく、満足してくれました。

 

お菓子を食べるのは、特別な時。毎日の子供のおやつは、おにぎりで十分。これからの季節においしいさつまいもも、焼いたり、蒸したりして、おやつには大活躍ですよ。ぜひ、毎日のおやつに、取り入れてみてくださいね。

 

いかがでしたか?子供のおやつについての考え方が、わかっていただけたかと思います。

 

いきなり毎日は難しくても、例えば、週に1度はおにぎりの日!など、新米のおいしい季節に始めてみても楽しいかもしれませんね。ぜひ、試してみてくださいね。

 

執筆者
重ね煮リサーチャー 中桐 梨香

 

重ね煮レターレシピ(無料メール講座)では、子供の健康を食から守りたい!と願うママに、365日毎日、重ね煮の知恵とレシピをお届けしています。ぜひ、こちらからご登録してみてくださいね。

無料メールマガジンで
家族の健康を守る術を学べます。


☑️喘息、花粉症、アトピーの悩みを
改善
したい
☑️子どもの、家族の健康を食から
守りたい
☑️子どもの野菜嫌いを改善したい

そんな想いを持つママは
まずはこちらで学んでください。

1年365日毎日6時にお届けします。




メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須






The following two tabs change content below.
中桐梨香

中桐梨香

<専門分野>子供の喘息や体調不良
「いつ発作を起こすだろう」と次男の喘息発作にビクビクする毎日が不安で、「良い」と言われる食生活を追い求め、苦しくなる中で重ね煮と出会いました。喘息の発作にビクビクする日々も、食の知識に苦しむことも、手放すことができた重ね煮を、同じような悩みを抱えるママにお伝えしたいです。

-家族の健康
-

© 2022 重ね煮LAB