家族の健康

私が疲れにくい体を手に入れた方法ー原因は砂糖でした。ー

毎日家事に育児に仕事に…と家族のために頑張っているママたちの多くが感じている疲れやすさ。年齢のせい?オーバーワークのせい?…意外なことに、疲れやすい原因は砂糖の摂り過ぎにありました。

 

1、疲れと甘いものの関係

毎日だるくてしんどい…子供が満足するまで一緒に遊んであげたいけれど、疲れすぎて無理…こんな悩みを持っている方、今どんな食生活を送っていますか?

 

実は疲れと食生活は密接な関係があります。

 

疲れたと感じたら、甘いものを食べる習慣はありませんか。甘いものを食べると、確かに疲れが和らいだ気持ちになりますが、すぐにまた疲れがやってきて、また甘いものを食べる の繰り返しになっていませんか。

 

私は会社の机の引き出しにお菓子のお徳用パックを常備して1日で食べきることは当たり前、帰宅後も疲れたと言っては甘いものを食べ続けていました。

 

今日はそんな私が砂糖断ちが自然にできて、疲れにくい体を手に入れた方法をご紹介します。

 

2、甘いものがやめられない理由とは?

甘いものを食べると、確かに疲れが和らいだと感じますね。でも、またすぐに疲れがやってきて、甘いものが欲しくなります。

 

この時、体の中では血糖値が異常に乱れています

 

私たちの体は普段から血糖値を一定に保とうとしています。けれども、砂糖を摂ることで、急上昇し、その後に急降下をします。そしてまた血糖値を上昇させるために甘いものが欲しくなるという、甘いものが止められない仕組みがここにあるのです。

 

また血糖値の異常な乱れは、体に負担をかけるので、繰り返すごとにどんどん疲れるという悪循環を起こすのです。

 

3.我慢しないで砂糖断ち!疲れにくい体になれる“重ね煮”

砂糖の摂り過ぎが体を疲れさせる原因と分かったけれど、いきなり砂糖を止めるなんてハードルが高く感じてしまいますよね。私もそうでした。

 

私は食事を”重ね煮”へ変えたことで、我慢しないで自然に砂糖断ちできました。重ね煮は野菜の旨み・甘味を最大限に引き出してくれるので、砂糖も化学調味料も使わないのに、びっくりするほど美味しく頂くことができます。

 

私の場合は、4か月で体の軽さを感じ、甘いものを食べる量が減ったことに気づきました。

 

1日1品でも取り入れて続けることで効果は感じられます。私がそうでした。まずは、1日1品を食事に取り入れてみてください。重ね煮は、あなたの「疲れにくい体になりたい」を叶えてくれます。

 

執筆者 重ね煮リサーチャー
竹内 ひとみ

 

重ね煮レターレシピ(無料メール講座)では、ママや家族の体調を整える重ね煮レシピと重ね煮の知恵をお届けしています。すぐに実践できる内容ですので、毎日の食事でママや家族の健康を作りたい!と考えるならぜひ登録してくださいね。

無料メールマガジンで
家族の健康を守る術を学べます。


☑️喘息、花粉症、アトピーの悩みを
改善
したい
☑️子どもの、家族の健康を食から
守りたい
☑️子どもの野菜嫌いを改善したい

そんな想いを持つママは
まずはこちらで学んでください。

1年365日毎日6時にお届けします。




メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須






The following two tabs change content below.
竹内ひとみ

竹内ひとみ

<専門分野>料理が苦手、砂糖の弊害
  重ね煮に出会って、疲れにくい体を手に入れ、育児を楽しみ新しいことに挑戦する心の余裕までできました。花粉症、肌の痒み・炎症など多くの症状も改善しました。同じ悩みを抱えている方に重ね煮でどうやったらその症状が楽になるかを伝えています。

-家族の健康

© 2022 重ね煮LAB