子供の野菜嫌い

野菜嫌い克服!ニンジン嫌いの子供が食べられるようになった調理法とは?

彩りもきれいで栄養価も高いニンジン。冬には甘みが強くなり、いっそう美味しさが増します。でも嫌いなお子さんもいますよね。なんとか食べてほしいと、すりおろしたり甘い味つけにしたりと苦労していませんか?

じつは子供が野菜を食べられるようになる調理法はもっとシンプルです。わが家の次女がニンジン嫌いを克服できた魔法のような調理法をお伝えします。

1.子供は本当にニンジンが嫌い?

今ニンジン嫌いの子供は減ってきています。小学生の「ニンジン嫌い」の順位は、昭和生まれでは第4位だったのが、平成生まれでは第16位まで下がっています。

その理由は、ニンジンの品種改良が進み、昔に比べにおいも味もクセが少なく食べやすいものになっているからです。なんと、子供の好きな野菜ランキングでも上位にあがるようになったほどです。

しかし、わが家の次女はニンジンが嫌いでした。ニンジン嫌いの子供に頭を悩ませていたのは私だけではありません。インターネットで「ニンジン」と検索すると、「ニンジン嫌い克服レシピ」という記事がたくさん出てきます。

なぜ、品種改良されて食べやすくなっているはずのニンジンが食べられないのでしょうか。

2.ニンジンが嫌いな理由

子供がニンジンを嫌う理由は主に3つあります。

①味

ニンジンには独特の甘さがあります。子供は甘いものが好きなのではと思うかもしれません。でも「甘い=果物、おやつ」と思う子供には、野菜が甘いことが受け入れられないようです。

②におい

品種改良され昔のような青臭さではないとはいえ、ニンジン特有のにおいが苦手な子供は多いようです。「味はいいけど、においが嫌だ」という子供もいるようです。

③食感

ニンジンは調理方法によって、シャキシャキの食感にも、やわらかい食感にもすることができます。かたすぎたり、逆にやわらかすぎたりするなど、子供それぞれに嫌な食感があるのかもしれません。

このような苦手ポイントをごまかすため、子供向けに工夫されたレシピはいろいろあります。子供が好きそうな甘い味つけにしたり、すりおろしてパンケーキに混ぜたり。
しかしそれでは本当に「にんじんが食べられるようになった」とは言えないですよね。

 

3.ニンジン嫌いな娘が食べれるようになった魔法の調理法とは

ニンジンが入ったものを食べようともしなかった娘。でもその後少しずつ食べられるようになってきたのです。その秘密はニンジンを単品ではなく、他の野菜と一緒に調理したことにあります。

その調理法が「重ね煮」です。

 

重ね煮では、図のように陰性の野菜を鍋の下に、陽性の野菜を鍋の上に重ねて火にかけます。そうすると鍋の中で対流が生まれ、野菜同士が調和します。そして、食材の味や個性が合わさり、優しい味になるのです。

子供のニンジン嫌いの理由はニンジン独特の甘さやにおい。それが、他の野菜と調理することで、優しい味になり、ニンジンが苦手な子供にも食べやすいものになるのです。
たとえばお味噌汁。一般的に、ニンジンのお味噌汁は「ニンジンと大根」「ニンジンとワカメ」のように、少ない食材で作ることが多いようです。
重ね煮では、下の図のようにたくさんの具材と一緒にニンジンを重ねます。

ーーー〇ーーー
味噌
油揚げ
ごぼう
ニンジン
玉ねぎ
大根
ワカメ
ーーーーーーー

こうすることで、それぞれの具材の旨味を引き出しながら、個性を調和させて優しい味になるのです^^

刻んだり、甘みをつけたりして食べさせようとするのではなく、他の野菜と合わせて重ね煮調理をしてみてください。味覚をごまかさずに、食べられるようになっていきますよ。

 

執筆者
重ね煮リサーチャー 杉本 かよ

 

「365日の重ね煮レターレシピ」では、毎日重ね煮の知恵やレシピを配信しています。ニンジンを他の食材と調和させる重ね煮のレシピがたくさんありますよ。ぜひこちらからご登録ください^^

無料メールマガジンで
家族の健康を守る術を学べます。


☑️喘息、花粉症、アトピーの悩みを
改善
したい
☑️子どもの、家族の健康を食から
守りたい
☑️子どもの野菜嫌いを改善したい

そんな想いを持つママは
まずはこちらで学んでください。

1年365日毎日6時にお届けします。




メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須






The following two tabs change content below.
杉本かよ

杉本かよ

<専門分野>健康・笑顔・楽ちん家事
みなさん、はじめまして!親になって自分のことはあとまわしになっちゃっていませんか?子供はもちろん、ママ・パパがもっと笑顔で心ゆたかな生活をすごせるような、重ね煮のレシピと知恵をお届けします^^

-子供の野菜嫌い

© 2022 重ね煮LAB