家族の健康

夏でも寒い!!冷えの原因はコーヒーだった!!

暑い季節はもうすぐそこまでやってきています。日差しは暑い!!けれど、「夏でもカーディガンが手放せない」、「夏でも手足が冷える」など、1年を通じて冷え性に悩んでいる人も多いようです。

体を温めたいとき、お仕事や育児・家事のブレイクタイムに、ホットコーヒーが手放せずにいませんか?

実はそのホットコーヒーに体を冷やす作用があるのです。今日は、コーヒーが体にもたらす冷えについてお伝えしていきますね。

 

1、温度は関係ありません

体を温めるために飲むホットコーヒー。でもそれは一時的なものなのです

コーヒーにはカフェインが含まれており、そのカフェインが冷えに影響を及ぼします。その理由は2点あります。

1.自律神経のバランスを崩す
2.利尿作用がある

1つづつお伝えしていきますね。

①自律神経のバランスを崩す

自律神経のバランスが崩れると血行の流れが悪くなり、血行不良から冷え招きます。

②利尿作用がある

コーヒーに含まれているカフェインには利尿作用があります。

この利尿作用によってお手洗いに行く回数が増え、体内の水分が出ると体温が下がるため、体が冷えて寒いと感じてしまうのです。

インターネット調査によると、夏でもホットコーヒー派の人の約4割が、体を冷やさないことを理由にホットコーヒーを飲むと回答しているそうです。

ですが、そのホットコーヒーが冷えをもたらす1つの理由となっている可能性があるのですね。

そして、その冷えによって、免疫力が低下することも心配なのです。

 

2、体温アップが健康の秘訣

体温が1度下がると免疫力は30%以上下がると言われています。

暑さが本格的になっていくこれからの季節、免疫力が下がると夏バテや夏風邪、食中毒などの様々な感染症も心配

逆に、体温が上がれば免疫力も上がるということ!家族の健康を守るためにも、まずはママは自身が元気でありたいですね。

私はもともと極度の冷え症で、平熱は35度半ば。ほぼ年中上下ヒートテック、お腹と背中にカイロの生活でした。職場の同僚、先輩には、驚かれましたが、そうでないと、クーラーの効いたオフィスで過ごすことができなかったのです。

もちろん飲み物は、常にホットコーヒー!!

大病はなくとも、体調は常に優れない、すぐにのどを痛めたり、風邪をこじらせがち。花粉症とは長いお付き合い。

社会人になって以来の長年の積み重ねによるものだと思います。ですが、今の平熱は36度後半。花粉症の症状もほぼなくなりました。

私が体質改善を意識しはじめて、実行したことの1つはコーヒーの量を減らすこと。目覚めの1杯、出勤時の1杯、仕事中にデスクでも何杯も飲み、都度の食後にも。そんな私が今は1日1杯。常に欠かすことのできなかったコーヒーですが、徐々に減らし、今に至ります。

体を温める目的で飲むものであれば、体の芯から温まるものを飲むと共に、根本治療に繋がる摂り方をしたいですね

 

3、温まりたいならコーヒーより番茶!!

日々のコーヒー番茶に置き換えて、体の芯から温まりませんか!?

日常のお茶として、昔から日本では馴染まれてきた番茶。コーヒーと比べると含まれているカフェインは6分の1ほど。とっても優しい飲み物なので、妊婦さんや子供も飲むことができますよ。

更に、番茶は温め効果に加え食べ過ぎ予防や血糖値を下げるなどの作用もあるので、家族の健康にも嬉しい飲み物なのです。

温め効果をより期待したい時にはすり潰した梅干しと醤油を加えた“梅醤番茶”がおすすめ!!まずは番茶を取り入れつつ、体の声を聞きながら変化をつけてみるのもいいですね。

執筆者 重ね煮リサーチャー かたのりこ

 

 

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
かたの りこ

かたの りこ

<専門分野>女性特有のお悩み、乳幼児(食と健康等)、食育
長年の不妊治療を経て、私たちのもとにやって来てくれた娘。重ね煮との出会いは娘の離乳食。その裏には食生活の改善があります。食の大切さを痛感。 “私と同じように悩む方のお役に立てたら....”との想いで、1人目育児、日々のワンオペの実体験を踏まえたお役立ち情報をお届けします。 ママと家族の健康と笑顔のために。ママが一人の女性として輝けるように。

-家族の健康
-, ,

© 2022 重ね煮LAB