離乳食

子供の食べ過ぎが心配なママへ!食べ過ぎの理由と今日からできる予防策

「もしかしてうちの子ごはん食べ過ぎ?」そんな悩みを持っているママいませんか?

 

「よく食べられることは健康的でいいじゃない!」と、お友達や育児相談などで相談をしてみても、スッキリとした答えが得られずに、モヤモヤしたままのママもいるかもしれません。

 

今日はそんなママのお悩み、「子供の食べ過ぎ」についてお話していきたいと思います。

 

 

1、うちの子食べ過ぎ?このままでも大丈夫?

子供がたくさんご飯を食べてくれることは嬉しいこと。でも、本当に欲しがるままに食べ物を与えていてもいいのでしょうか?食べ過ぎによる肥満も心配ですよね?

 

肥満は色々な合併症を伴い、子供でも、生活習慣病やその予備軍になります。合併症を伴っていなくても、腰や膝に負担がかかり、体の成長に悪い影響を与える可能性もあります。また、大人の肥満にも移行しやすくなります

 

我が家の娘も、目安量や同じ年齢のお友達よりもよく食べてくれるので、将来肥満になったら困るな~などと気がかりでありながらも、どの程度まで食べ物を与えてもいいものか匙加減や対策が分からずにいました。

 

子供の先の長い人生、将来の健康のリスクとなりうることは少しでも取り除いてあげたいですよね。

 

実は、その食べ過ぎ、単に食欲旺盛なだけではなく、原因があるかもしれないのです。

 

2、食欲旺盛が理由じゃない??食べ過ぎる原因とは!?

 

子供が食べすぎてしまう原因には様々な要素が考えられます。

 

・噛まずに飲み込む習慣がある
・食卓にやわらかい食べ物ばかりが並んでいる
・食卓に子供の好物が多い

毎日の子供の食生活に当てはまるものはありませんか?食べる量は気にしていても、食べ方や食べ物については目を向けていなかったママもいるかもしれませんね。

 

私自身がそうでした。我が家の娘の場合には、口一杯に頬張り、食べるのが早かったこと、うんちにも食べ物がそのままの形で現れることもしばしば...食べすぎの原因は食べ物をよく噛むことができていなかったせいかも...と感じています。

 

これらの食べ過ぎの原因を解消するために、子供の食習慣、見直してみませんか?

 

 

3、食べ過ぎ予防に!今日からできる食習慣3つの見直しポイント

見直したい食習慣のポイントは3つあります。

 

1、ごはんと汁物を中心にする

2、子供の分の配膳をする

3、おかわりはご飯を食べてから声かけをする

 

1つずつ見ていきましょう。

 

1、ごはんと汁物を中心にする

ごはんと具沢山の汁物を中心にしてみましょう。おかずは、魚または肉、野菜を使った煮物や和え物がオススメです。具沢山にすることで、食感や形、固さが違うものを味わえますので噛む習慣を付けることも出来、十分に満足感が得られます。

 

2、子供の分の配膳をする

子供の分を配膳することで、子供が食べた量を把握することができます。子供自身も自分の分であると分かります。また、お皿が空っぽになったら、パパやママが「ごちそうさま」を見せてあげることで「ごちそうさま」の習慣をつけることに繋がります。

 

3、お代わりはごはんを食べてから声かけをする

“主菜や副菜をほとんど食べず、主食だけお代わり”“好きなメニューだけをお代わり”などは栄養のバランスが崩れます。また、好き嫌いを助長することにも繋がりかねません。お代わりする場合には全部を食べてから、全部をすこしづつ盛ってあげるようにしましょう。

 

幼児期・子供の間はまだまだ食べ物の量や種類を親がコントロールできる時期でもあります。正しい食習慣は、子供の将来に渡る健康を守ること、大人になってからの習慣の基礎にも繋がります。子供のうちに正しい食習慣を身に付けることが出来るといいですね。

 

お子さんに合ったサポートを是非実践してみてくださいね。

 

執筆者
重ね煮リサーチャー かたの りこ

 

↓↓↓

子育てや生活のお役立ち情報から毎日の食卓のレシピまで、様々な情報を配信しています。是非メルマガ登録してみてくださいね!!

無料メールマガジンで
家族の健康を守る術を学べます。


☑️喘息、花粉症、アトピーの悩みを
改善
したい
☑️子どもの、家族の健康を食から
守りたい
☑️子どもの野菜嫌いを改善したい

そんな想いを持つママは
まずはこちらで学んでください。

1年365日毎日6時にお届けします。




メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須






 

 

The following two tabs change content below.
かたの りこ

かたの りこ

<専門分野>女性特有のお悩み、乳幼児(食と健康等)、食育
長年の不妊治療を経て、私たちのもとにやって来てくれた娘。重ね煮との出会いは娘の離乳食。その裏には食生活の改善があります。食の大切さを痛感。 “私と同じように悩む方のお役に立てたら....”との想いで、1人目育児、日々のワンオペの実体験を踏まえたお役立ち情報をお届けします。 ママと家族の健康と笑顔のために。ママが一人の女性として輝けるように。

-離乳食
-, ,

© 2022 重ね煮LAB