離乳食

外出先で赤ちゃんのごはんが心配なママに知ってほしい!簡単手作り離乳食【レシピ付き】

残暑がやわらぎ、気持ちのいい季節になりました。赤ちゃんとのお出かけも気兼ねなくできるようになりますね。
赤ちゃんと一緒にお出かけするとき気になるのが、赤ちゃんの食事ではないでしょうか?「市販のベビーフードは便利だけど、毎回市販品で大丈夫?」とお悩みのママもいるのでは?

そこで、離乳期の赤ちゃんをおもちのママにぜひ知ってほしい、持ち運びにも便利な簡単ポタージュレシピをお伝えします。

1.ベビーフードは本当に便利?安心?

赤ちゃんとのお出かけ時、赤ちゃんの食事が気になるママにとって頼れるのが市販のベビーフードですね。形状が持ち運びやすい、衛生管理がしやすいなど便利な点も多いですが、お出かけのたびに利用するのは心配ではありませんか?

ある調査によると、6割以上のママが「コストがかかる」という悩みを抱えています。他にもベビーフードを食べるとうんちが臭くなる!というママからは、ベビーフードに使われている材料が気になるという声もあります。

とはいえ、小さな赤ちゃんがいると、持ち運べるような離乳食を作るのは無理!と思うママもいますよね。

2.赤ちゃんとのお出かけに作ってほしい「炒り玄米ポタージュ」の魅力とは?

忙しくて持ち運べる離乳食は作れない。でも毎回ベビーフードに頼るのはお金もかかるし、健康面も心配、というママにおすすめするのが、「炒り玄米ポタージュ」です!
食材を「切って・重ねて・火にかける」だけでできる重ね煮の調理法で作る炒り玄米ポタージュ。持ち運ぶ離乳食としておすすめのポイントが3つあります。

①簡単

重ね煮で作る炒り玄米ポタージュはとっても簡単。時間がなくても大丈夫です。

手順は、材料をお鍋に重ねて火にかけるだけ!炒めたり、牛乳を足したりするポタージュのイメージとは違いますよね。
炒り玄米は一度にまとめて作っておけば、約1週間の冷蔵保存ができます。

赤ちゃんのお昼寝中や、お皿を洗っている間に火にかけておけば、あとはミキサーにかけるだけ。冷凍保存もできるので、お出かけの前に解凍してぱっと準備できます。
わざわざ「今日は安いから!」とベビーフードを買いだめしに行く手間もはぶけますよ^^

②栄養

炒り玄米ポタージュは野菜を何種類も一緒に重ねるので、一品でいろいろな栄養をとることができます。

また、玄米は完全栄養食といわれるほど栄養価が高いです。でも実は消化しにくいという面もあります。そこで、小さなお子さんでも食べられるように、玄米を炒って使います。

まだ離乳食を食べ始めたばかりの赤ちゃんには白米を使いましょう。おっぱいやミルクで栄養をとっている赤ちゃんには、白米でも栄養面はまったく問題ありません。

③安心

ママ・パパが手作りするから材料も自分で選んだものを使えます。国産や無農薬のお野菜を使えば、赤ちゃんにも安心して食べさせてあげられます。

また、味つけも赤ちゃんペースでできます。まだ味つけをしていない時には塩なしで作る、少し味つけし始めたら塩を少しずつ入れていく。こんなふうにママ・パパが調整できるので、安心ですね。

3.炒り玄米ポタージュの作り方とおすすめの使い方

それでは、作り方をお伝えします。

-----〇-----
炒り玄米 大さじ2
にんじん 40g(いちょう切り)
玉ねぎ 120g(うす切り)
じゃがいも 180g(大きめ角切り)
キャベツ 50g(色紙切り)
------------

水 3カップ
塩 小さじ1強

1.図のように、キャベツが一番下、炒り玄米が一番上になるように鍋に材料を重ね、分量内の水をひたひたまで加えて中火にかける。

2.よい香りがしたら弱火にし、やわらかくなるまで煮る。

3.荒熱をとってミキサーにかけたら鍋に戻す。

4.残りの水を足して火にかけながら塩で味をととのえる。
※まだ味付けをしていない赤ちゃんには塩なしで大丈夫です。お子さんに合わせて調整してくださいね。

 

☆炒り玄米の作り方☆

炒り玄米の詳しい作り方もお伝えします。

1.フライパンまたは厚手の鍋を熱し、玄米を洗わずに入れて、中火にかける。
2.木べらで軽く混ぜながら、ぱちぱちはじける音がして全体にきつね色になれば取り出す。

 

炒り玄米ポタージュのおすすめの使い方は、
炒り玄米ポタージュ+ごはん⇒スープごはん

時間がなくても、小分け冷凍したポタージュを解凍して、ごはんにかけるだけ!おでかけごはんのできあがりです。容器も一つで済むので、持ち運びも簡単です。

夏場などの暑いときや、持ち運ぶ時間が長い場合などは、

・必ず荒熱をとる、
・保冷剤を入れた保冷バッグで持ち運ぶ

という対策をとりましょう。

私が重ね煮に出会ってから生まれた次女はこのスープごはんのおかげで、市販のベビーフードいらず。どこに行くにもこのスープごはんを持ってお出かけしていました。

そしてこのポタージュ、実は大人にもとってもおいしいんです。赤ちゃん用の味つけで先に取り分けて、あとからお塩を足せば大人も食べられる1品になります。そう考えると、コストパフォーマンスの問題も解決です!

 

いかがですか?

簡単で安心、持ち運びもできる手作り離乳食で、秋の行楽シーズンも赤ちゃんと楽しんでくださいね^^

 

執筆者
重ね煮リサーチャー 杉本 かよ

 

「365日の重ね煮レターレシピ」(無料メルマガ)は、重ね煮の知恵やレシピを配信しています。赤ちゃんの離乳食に使えるレシピもいっぱい!ぜひこちらからご登録ください^^

無料メールマガジンで
家族の健康を守る術を学べます。


☑️喘息、花粉症、アトピーの悩みを
改善
したい
☑️子どもの、家族の健康を食から
守りたい
☑️子どもの野菜嫌いを改善したい

そんな想いを持つママは
まずはこちらで学んでください。

1年365日毎日6時にお届けします。




メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須






The following two tabs change content below.
杉本かよ

杉本かよ

<専門分野>健康・笑顔・楽ちん家事
みなさん、はじめまして!親になって自分のことはあとまわしになっちゃっていませんか?子供はもちろん、ママ・パパがもっと笑顔で心ゆたかな生活をすごせるような、重ね煮のレシピと知恵をお届けします^^

-離乳食

© 2022 重ね煮LAB