料理の悩み

味噌汁のレパートリーを簡単に増やす方法!秋におすすめ絶品《重ね煮》味噌汁レシピ3選

味噌汁を毎日飲む方は多いと思いますが、具材は何を入れていますか?もし毎日同じ具材でマンネリ化しているなら、《重ね煮》がおすすめ!簡単に美味しくレパートリーを増やすことができますよ^^

今回は秋におすすめの絶品《重ね煮》味噌汁レシピ3選をご紹介します。

 

味噌汁の具材がマンネリ化・・・。もっとレパートリーを増やしたい!

SnapDishユーザーを対象に行った「みそ汁」に関する調査(ヴァズ株式会社「味噌汁習慣に『マンネリ化』の悩み」より)では、みそ汁を「週4回以上」作る人の割合が71%と多いです。理由は「習慣化している」、「健康・栄養のため」だそうです。

しかし、同じ調査の中で、味噌汁に関する悩みの1位は「マンネリ化することでした。実は、以前の我が家もほぼ毎日「豆腐とワカメ」の味噌汁・・・。変わり映えのない食卓でした。

同じように、味噌汁の具材が毎日同じになってしまい、マンネリ化しているママはいませんか?

そんなママにおすすめの方法があります!

 

味噌汁のレパートリーを増やす方法とは?

味噌汁のレパートリーを増やいたいとはいうものの、どうやってマンネリ化を抜け出して、レパートリーを増やしたらよいのでしょうか?

コツは『旬の野菜をグループに分けて複数入れること』、これだけです!もう少し詳しくお伝えしますね。

 

『旬の野菜をグループに分けて複数入れる』とは!?

上の図は、食材をカテゴリー別に分けたものになりますが、野菜は葉物・いも類・根菜と大きく3つに分けることができます。

ちなみに秋であれば、以下の野菜が大活躍しますよ!

葉物:かぶ、小松菜、白菜、長ネギ

いも類:さつまいも、里芋、かぼちゃ、じゃがいも

根菜類:玉ねぎ、人参、ごぼう、れんこん

これらのグループからそれぞれ野菜を選んだ上で、更に秋が旬のきのこ類なども組み合わせて5つ以上の具材を使うと、それぞれの野菜の旨みがうまく調和されて、おいしい味噌汁が出来上がります☆

これで何通りもの味噌汁ができるので、レパートリーが増えますね。毎回異なる食感、香り、味などを楽しんで、毎日飽きずにおいしく頂けると思います(^^)

でもやっぱり、どうするのかイメージがつかない・・・そう思っていませんか?
大丈夫!次にレシピとともに野菜の選び方を具体的にご紹介しますね^^

 

レパートリーが増える!秋におすすめ絶品《重ね煮》味噌汁レシピ3選☆

味噌汁のレパートリーの増やし方のコツが分かったところで、レシピを3つご紹介します。

どれも旬の野菜を使い、複数の種類の野菜を選んでいますが、更に《重ね煮》という方法で調理することで、ぐっとおいしさ、まろやかさが増しますよ。それぞれのレシピに対して、葉物・いも類・根菜の3グループから何を選んだのかも記載しますので、ご参考にしてください。

《重ね煮》とは?→こちらのリンクをご参照ください。

 

1.秋の重ね煮味噌汁

基本の味噌汁はまずはこちらです!!

【材料】

※鍋の下がきのこ、鍋の上が味噌です。

--------------○-------------

味噌     60g
油揚げ    1/2枚
ごぼう    20g・・・ささがき
人参     25g・・・いちょう切り
たまねぎ   60g・・・うす切り
さつまいも  80g・・・半月切り
ぶなしめじ  60g・・・ほぐす

------------------------------

水 3カップ
ねぎ(お好みで)小口切り

【作り方】

1.鍋に図のように材料を重ね、
材料の7分目まで分量内の水を入れて、
フタをして火にかける。

2.沸騰したら弱火にし、
材料がやわらかくなるまで煮る。

3.残りの水を加えて味をととのえ、
ねぎを加えて一煮立ちさせる。

 

【ポイント】

☆今回、葉物は入っていませんが代わりにきのこを入れ、いも類はさつまいも、根菜は玉ねぎ、人参、ごぼうになります。

 

2.秋の重ね煮味噌汁・アレンジその1(いも類ときのこ類を変える)

今度は、基本の味噌汁をベースにいも類ときのこ類を変えてみます。

【材料】

※鍋の下がまいたけ、鍋の上が味噌です。

--------------○-------------

味噌     60g
油揚げ    1/2枚
ごぼう    20g・・・ささがき
人参     25g・・・いちょう切り
たまねぎ   60g・・・うす切り
里芋     80g・・・半月切り
まいたけ   60g・・・ほぐす

------------------------------

水 3カップ
ねぎ(お好みで)小口切り

※作り方は基本の重ね煮味噌汁を同じです。

 

【ポイント】

☆いも類をさつまいもから里芋に変えるだけで、食感も変わりますし、風味も異なるのでレパートリーが増えます。

☆きのこも、他にえのき、しいたけに置き換えることができますよ。

 

3.秋の重ね煮味噌汁・アレンジその2(葉物を加えて、その他の食材も置き換える)

次は、葉物を加えたうえで他の食材も一部置き換えてみましょう!

【材料】

※鍋の下がきのこ、鍋の上が味噌です。

--------------○-------------

味噌     60g
油揚げ    1/2枚
れんこん   20g・・・ささがき
人参     25g・・・いちょう切り
長ネギ    60g・・・うす切り
さつまいも  80g・・・半月切り
小松菜    60g・・・3cmに切る
ぶなしめじ  60g・・・ほぐす

------------------------------

水 3カップ
ねぎ(お好みで)小口切り

※作り方は基本の重ね煮味噌汁を同じです。

 

【ポイント】

☆ごぼうをれんこんに、玉ねぎを長ネギに変えて、葉物である小松菜を加えました。れんこんのシャキシャキした食感で、また一味違ったバリエーションを楽しむことができます。

☆長ネギは玉ねぎの代わりとしても使うことができますよ!

 

 

いかがでしたか?
具沢山の味噌汁を取り入れることでレパートリーが増えるのはもちろん、食卓が華やぎ、栄養価もアップします^^
秋の味噌汁をアレンジ豊富に作って、色々なバリエーションを楽しんでください☆

 

執筆者
重ね煮リサーチャー まき

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

料理が苦手でも家族の健康を守りたい!

そんなお悩みの方へ、更に詳しい情報をメルマガでお伝えします!

詳しくは、下記よりご登録ください↓

無料メールマガジンで
家族の健康を守る術を学べます。


☑️喘息、花粉症、アトピーの悩みを
改善
したい
☑️子どもの、家族の健康を食から
守りたい
☑️子どもの野菜嫌いを改善したい

そんな想いを持つママは
まずはこちらで学んでください。

1年365日毎日6時にお届けします。




メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須






 

The following two tabs change content below.
まき

まき

<専門分野>健康、料理苦手、ワーママ時短術
仕事をしていても、家族には『おいしく』て『健康的な料理』を作りたい!そんなママさんを応援したいです。私自身もフルタイム仕事をしていますが、重ね煮を学んだことで、料理のスピードも質も上がり、以前よりも健康的になったと感じています。沢山のママさんに同じ体験をしてもらいたいです。

-料理の悩み

© 2022 重ね煮LAB