料理の悩み

味噌汁のマンネリ脱却!バリエーション楽しむ冬のお味噌汁レシピ3選

味噌汁は、古くからある日本の食卓に欠かせないものですよね。でも、味噌汁の具はいつも決まったもの、 マンネリになりがちではないでしょうか?冬の今だからこそ食べたい、いつもと違ったバリエーションを楽しむ味噌汁になる方法を、レシピとともにお届けします。

 

 

味噌汁がマンネリになってしまう理由

味噌汁は、「出汁」と「2~3種類の食材で作る」というものだと思っていませんか?

「わかめ」と「豆腐」、
「油揚げ」と「大根」、
「玉ねぎ」と「じゃがいも」、
「キャベツ」と「もやし」、
「なめこ」と「ネギ」・・・。

出汁の香りと味を楽しむと考えると、具材は出汁を邪魔しないシンプルなものとなり、定番化してしまうかもしれません。
定番化=マンネリになりがちです。

 

 

5種類以上の食材の「組み合わせ」でマンネリ脱却!

出汁で食べずとも、様々な食材を組み合わせることで、自然とおいしい味噌汁になります。

いろいろな野菜の組み合わせで、味噌汁の味わいが変わります。季節の野菜を種類に分けて組み合わせることで、バリエーション豊かな味噌汁が楽しめます。この「季節ならではの野菜」は栄養価も高く、具だくさんの味噌汁は栄養バランスもよくなり、いいこと尽くしです。

 

冬の食材で作る味噌汁の組み合わせポイント

冬に旬を迎える野菜たちを、葉物、いも類、根菜大きく3つに分けたグループから選ぶと、気軽にバリエーションを増やせます

葉物は、ほうれん草や小松菜、春菊、大根、かぶ
いも類は、里いも、さつまいも
根菜類は、人参、ごぼう、れんこん

これらをそれぞれのグループから組み合わせて使うと
食感、香り、味も異なり、バリエーション豊かな味噌汁を楽しむことができます。

 

 

冬の味噌汁3バリエーション
旬の食材を使った重ね煮味噌汁レシピ

鍋の下から順番に重ねることで、食材の持つエネルギーが鍋の中でおいしさのハーモニーとなり、それぞれの野菜の甘みが引き出されるのが「重ね煮味噌汁」です。

 

きのこと里芋の重ね煮味噌汁

里芋特有のぬめりは、胃の粘膜を保護するため、免疫力を強化してくれます。風邪予防にピッタリ。

<材料と作り方> (作りやすい量)
※重ね方:きのこが一番下、味噌が一番上です。

--------------〇-------------------
味噌               60g・・・・いくつかにわけて一番上に重ね置く
油揚げ              1/2枚・・・  細切り
ごぼう              20g・・・・ささがき
人参               30g・・・・いちょう切り
長ねぎ              80g ・・・   斜め切り
里芋               100g ・・・ 半月切り
きのこ              60g ・・・   ほぐす
------------------------------------

水 3カップ

【作り方】
1、鍋にきのこを一番下にし、順に図のように材料を重ね、水をひたひたまで加えてフタをして中火にかける。

2、湯気が出てよい香りがしたら弱火にし、野菜がやわらかくなるまで煮る。

3、残りの水を足して味を整える。

 

【ポイント】
さといもは洗った後、少し乾いた状態で、包丁の刃を使って皮をこそげると、ぬめりを抑えることができます。

 

小松菜の重ね煮味噌汁

冬が旬の小松菜。寒さの中でじっくり育ち、うまみを蓄え、栄養もおいしさも詰まっています。

 

<材料と作り方> (作りやすい量)
※重ね方:こんにゃくが一番下、味噌が一番上です。

--------------〇-------------------
味噌                   60g・・・・いくつかにわけて一番上に重ね置く
油揚げ                  1/2枚・・・ 細切り
ごぼう                  20g・・・・薄切り
人参                   30g・・・・いちょう切り
玉ねぎ                  100g ・・・ 薄切り
じゃがいも                100g ・・・ 半月切り
小松菜                  80g ・・・   3cmの長さに切る
こんにゃく                60g ・・・   短冊切り
------------------------------------

水 3カップ

【作り方】
1、鍋にこんにゃくを一番下にし、順に図のように材料を重ね、水をひたひたまで加えてフタをして中火にかける。

2、湯気が出てよい香りがしたら弱火にし、野菜がやわらかくなるまで煮る。

3、残りの水を足して味を整える。

 

白菜と大根の重ね煮豆乳汁

白菜と大根は冬の定番食材。豆乳と組み合わせることでまろやかな味わいを楽しめます。

<材料と作り方> (作りやすい量)
※重ね方:白菜が一番下、味噌が一番上です。

--------------〇-------------------
味噌                   60g・・・・いくつかにわけて一番上に重ね置く
油揚げ                  1/2枚・・・ 細切り
ごぼう                  20g・・・・ささがき
人参                   30g・・・・いちょう切り
玉ねぎ                  100g ・・・ 薄切り
さつまいも                100g ・・・ 半月切り
大根                   80g ・・・・いちょう切り
白菜                   60g ・・・・色紙切り
------------------------------------

水  2カップ
豆乳 1カップ

【作り方】
1、鍋に白菜を一番下にし、順に図のように材料を重ね、水をひたひたまで加えてフタをして中火にかける。

2、湯気が出てよい香りがしたら弱火にし、野菜がやわらかくなるまで煮る。

3、残りの水(あれば)と1カップの豆乳を加える。

 

【ポイント】
豆乳を加えた後は、煮立たせないように注意してください。(吹きこぼれを予防します。煮立つと分離します。少しほろほろとした食感も楽しいので、もしも煮立ってしまった時もがっかりしないで大丈夫です。)
「きのこと里芋の重ね煮味噌汁」や「小松菜の重ね煮味噌汁」レシピでも、水1カップ分を豆乳に変え、3の工程で加えることで、まろやかな味わいの豆乳汁ができます。

 

 

いかがでしょうか? 旬の食材を使うことで、毎日の味噌汁もバリエーション豊かに、マンネリ脱却5種類以上の具材を組み合わせた「重ね煮味噌汁」で、味噌汁のバリエーションを増やしてみませんか?

春のお味噌汁のバリエーション5選はこちらをご参考ください。↓

 

執筆者
重ね煮リサーチャー 高田 聖子

 

365日、毎朝届きます。料理が苦手なママにこそおすすめしたい、毎日少しずつ学べて、料理が楽しくなる!そんな重ね煮料理法。 おいしいレシピも届く無料メールマガジンはこちら↓からご登録ください。

無料メールマガジン
家族の健康を守る術を学べます。


☑️喘息、花粉症、アトピーの悩みを
改善
したい
☑️子どもの、家族の健康を食から
守りたい
☑️子どもの野菜嫌いを改善したい

そんな想いを持つママは
まずはこちらで学んでください。

1年365日毎日6時にお届けします

 

The following two tabs change content below.
高田聖子

高田聖子

<専門分野> 料理が苦手、家族の健康
毎日の食事作りが億劫で苦手。アトピーや冷えなどの体調不良も、さまざまな健康情報を試すもなかなか改善しない。離乳食作りの大変さに藁にもすがる思いで出会った重ね煮。そんな私が、毎日無理なく続けられ、笑顔の毎日が送れるようなった重ね煮の知恵をお届けします。

-料理の悩み

© 2022 重ね煮LAB