料理の悩み

おいしいごはんを作りたい!料理が苦手な私を変えた調理法【レシピ付】

家族のために、おいしいごはんを作りたい!だけど、料理が苦手で、なかなかおいしいと思えるごはんを作れない!そんな料理が苦手なママに、料理がとても苦手だった私が、変わることができた簡単でおいしくできる調理法について、お伝えします。

 

料理は苦手だけど、家族のために、おいしいごはんを作りたい!

家族のために、おいしいごはんを作りたい!そう思って、レシピを検索して、頑張って作ってみるものの、家族の反応はイマイチ。そんな風に悩んでいるママはいませんか?

 

実は、私、料理がとっても苦手でした。結婚するまで、料理らしい料理をしたことがなく、結婚してからも、スマホで料理のレシピサイトを検索して、必死で料理をする毎日。時間をかけて頑張って作っても、自分で作ったごはんは、あまりおいしくなく、スーパーのお惣菜に頼ったり、外食をすることもよくありました。その方が手軽で、おいしかったからです。家族は一応「おいしい」と言ってくれていたものの、自信がなかったので、本心を聞くのは怖かったです。

 

でも、料理が苦手でも、簡単に、そして、おいしいごはんを作ることができる調理法に出会ってからは、自分で食べても「おいしい」と思えるごはんを作ることができるようになりました。自分で「おいしい」と感じることができるので、家族の「おいしい」という言葉も素直に受け入れることができるようになりました。

 

そして、今では、毎日のように家族の「おいしい」を聞くことができるようになりました。それを叶えてくれた調理法が重ね煮です。

 

なぜ、重ね煮は簡単でおいしくできるのか?

重ね煮なら、料理が苦手なママも、簡単においしいごはんを作ることができるとお伝えしました。では、なぜ、重ね煮なら、料理が苦手でも、簡単においしく作れるのでしょうか?

 

重ね煮が簡単でおいしくできる理由

①野菜を丸ごと使うので、皮むきやアク抜き不要!

②切って重ねて火にかける3ステップの調理!

 

順番に見ていきますね。

 

①野菜を丸ごと使うので、皮むきやアク抜き不要!

重ね煮では、野菜を皮ごと使います。面倒な皮むきをしなくていいのです。実は、皮つきの野菜から出る出汁は、大切なうまみとなります。ですから、出汁を取ったり、煮込む途中でアクを取る必要もありません。

 

野菜の皮むき、出汁を取る必要なし、アクを取る必要なしなので、簡単!そして、皮ごと使う野菜からの出る出汁が、おいしさとなります。

 

②切って重ねて火にかける3ステップの調理!

重ね煮では、食材を、レシピ通りに、鍋の中に重ねていきます。レシピ通りに重ねると、火にかけた時に鍋の中でたくさんのエネルギーの対流が起き、食材が一体となると言われています。そうすることで、やさしくてまろやかな味になります。

 

また、重ねることで、食材の味がしっかり引き出され、とてもおいしくなります。重ねる時、レシピ通りの順番に重ねることが大切なポイント。重ねる順番さえ守れば、食材を切って重ねて火にかけるだけの3ステップなので、料理が苦手なママでも簡単!そして、おいしく作ることができるのです。

 

簡単でおいしい重ね煮を、早速作ってみましょう!

料理が苦手なママでも、重ね煮なら、簡単でおいしい料理が作れるとお伝えしました。

 

野菜の皮むきやあく抜きは、しなくていいし、レシピ通りに重ねて火にかけるだけなら、簡単!その上、おいしいのなら、ちょっと試してみようかな?

 

そう思ってくださった方に、今日は、レシピをご紹介します。秋においしい食材がたっぷりの「秋の重ね煮味噌汁」です。

 

≪秋の重ね煮味噌汁≫
【材料と作り方】
-------○------
味噌 60g
油揚げ 1/2枚
ごぼう  20g・・・ささがき
人参   25g・・・いちょう切り
たまねぎ 60g・・・うす切り
さつまいも80g・・・半月切り
きのこ  60g・・・ほぐす

---------------
水 3カップ
ねぎ1本・・・小口切り

 

1.鍋にきのこを下、順にさつまいも、たまねぎ、人参、ごぼう、油揚げ、味噌と図のように材料を重ね、分量内の水をひたひたまで入れて、フタをして火にかける。

 

2.沸騰したら弱火にし、材料がやわらかくなるまで煮る。

 

3.残りの水を加えて味をととのえ、ねぎを加えて一煮立ちさせる。

 

【今日のポイント】

☆きのこは、えのきだけ、まいたけしめじなどお好きなものを入れてくださいね。

きのこがないという場合は、こんにゃくやわかめでも代用できます。

 

重ね煮で作る簡単でおいしいお味噌汁、ぜひ試してみてくださいね。

 

いかがでしたか?料理が苦手なママも、重ね煮なら、簡単でおいしいごはんが作れるということをお伝えしました。私は、初めて、秋の重ね煮味噌汁を作ったときに、おいしさに驚きました。「これを、私が作ったの?」と。

 

出汁をしっかりとって、手間をかけて作っても、料理が苦手な私には、なかなか作ることができなかった、おいしい味噌汁。今では、おいしい重ね煮味噌汁が、我が家の毎朝の楽しみとなっています。

 

執筆者
重ね煮リサーチャー 中桐 梨香

 

重ね煮レターレシピ(無料メール講座)では、家族においしいごはんを作りたい!と願うママに、365日毎日、重ね煮の知恵とレシピをお届けしています。ぜひ、こちらからご登録してみてくださいね。

無料メールマガジンで
家族の健康を守る術を学べます。


☑️喘息、花粉症、アトピーの悩みを
改善
したい
☑️子どもの、家族の健康を食から
守りたい
☑️子どもの野菜嫌いを改善したい

そんな想いを持つママは
まずはこちらで学んでください。

1年365日毎日6時にお届けします。

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須






The following two tabs change content below.
中桐梨香

中桐梨香

<専門分野>子供の喘息や体調不良
「いつ発作を起こすだろう」と次男の喘息発作にビクビクする毎日が不安で、「良い」と言われる食生活を追い求め、苦しくなる中で重ね煮と出会いました。喘息の発作にビクビクする日々も、食の知識に苦しむことも、手放すことができた重ね煮を、同じような悩みを抱えるママにお伝えしたいです。

-料理の悩み

© 2022 重ね煮LAB